注目キーワード
  1. 横浜
  2. ヘルス
  3. 裏オプ
  4. 本番
  5. 素股
変態記者が自らガチレポート!毎日更新!これを読んで当たり店を探せ!

横浜マット体験談|すべりん棒。ぽっちゃり系女子とムチムチマットで大暴発?!

【鼻血覚悟のスーパーSALE延長】

のイベントがまだやってたので、

まだ遊びに行った事のない、お店に行って来ました。

 

 

 

前の店の『マットDEいってミルク』は

行った事はあるのですが、

『すべりん棒』に変わってからは初になります。

 

 

 

エレベーター3階で降りると受付があり、

出勤写真があります。

 

 

 

出勤が5名でどの子もすぐに行けるとの事。

 

 

広告

泡石鹸での全身洗いも気持ち良いです。

 

イベントはフリー限定だったので、

フリー50分 13,000円 を支払い待合室に。

 

 

 

私1人だけで誰もいません。

 

 

当然の事ながらすぐに案内になりました。

 

 

 

ちょっとぽっちゃり体型で、

満面の笑顔を見せる女の子とご対面。

 

 

 

手をつなぎ部屋に。

作りは前のお店のまんまで、

ソファーがあり浴槽にマットが敷かれてました。

 

 

 

「こんにちは…」

と笑顔を見せる女の子の性格は凄く良さそうです。

 

 

 

その後、服を脱がされた後、バスタオルを腰に巻かれます。

 

 

 

そうして次は自ら服を脱ぎ、全裸になります。

 

 

巨乳ですが全体的にかなりむっちり系です。

 

 

 

でもマットは細い子よりも

むっちり巨乳の方が気持ち良いので、

プレイに期待がもてます。

 

 

 

マットが敷いてある浴槽に行き、

うつ伏せになると、泡石鹸を背中から全身に塗られました。

 

 

「失礼します」と女の子が一言言うと、

上に乗ってきました。

 

 

 

ヌルっとおっぱいが背中に当たり、

アソコのヘアーが太ももに当たります。

 

 

 

その後、仰向けになるとち〇こをおっぱいで挟み、

パイずりをしながら洗ってくれたりしました。

 

 

 

とにかく、凄く気持ち良いです。

 

 

 

巨乳でむっちりした子だから気持ち良いのだと思いました。

 

 

広告

手の防御がない騎乗位素股は入ってしまう…

 

全身洗いが終わり、うつ伏せになると、

背中を舐め出しました。

 

 

 

ジュルジュルと音をたてて舐めてきます。

 

 

さらに、背中からお尻を吸いつくように舐め始めました。

 

 

 

ちなみに、おっぱいに足の裏を当てると

足の裏でおっぱいを揉んでるみたいで、

凄く気持ち良いですね。

 

 

 

女の子の吐息まじりの喘ぎ声がたまりません。

 

 

 

そして、両手で背後から太ももを持ち上げ、

アナル舐めへ。

 

 

 

ねっとり舐めたあと、舌がアナルに入って来ました。

 

 

気持ち良さが100倍です。

 

 

ち〇こも両手でこすられているので、

危うく発射しそうになりました。

 

 

 

その後、仰向けになり、

濃厚なキスを繰り返します。

 

 

 

そして全身舐めからフェラに。

 

 

 

手コキしながらの濃厚フェラ。

 

 

「凄いパンパンですね、素股します?」
「はい、お願いします」

 

 

ローションをアソコに塗り騎乗位素股に。

 

 

 

アソコとち〇こが当たります。

 

 

手の防御がなかったので、

一瞬ヌルっと入ってしまいました。

 

 

「入っちゃうんですよね…」

と女の子が言って、69に体位を変えました。

 

 

 

最後は強烈な手コキフェラで、我慢出来ずに発射。

 

 

 

入っちゃった時、続けてたら最後まで生〇番出来たかも…?

 

 

広告

横浜マット体験談|すべりん棒。まとめ

 

マットは1回行くと、病みつきになりますね。

 

 

 

ただ、この前のお店みたいに

部屋にマットを敷いてあるよりも、

やっぱり浴槽の部屋にマットが敷いてある方がいいですね。

 

 

 

女の子の技も多くなるし、

思う存分ローションまみれになれるから。

 

 

 

後は女の子も、

普通のヘルスでは細身がいいのですが、

マットはむっちりした女の子の方が気持ち良いですね。

 

 

広告

今回のお店

お店すべりん棒
女の子前島えりな
料金50分 13,000円

今回の評価

ルックス★★
サービス★★★★
スタッフ★★★
満足度★★★★
㊙サービス
最新情報をチェックしよう!