ホームホワイトニングと歯科施術の違いとは?ホームホワイトニングと歯科施術のポイントを解説!

 

ホワイトニングの種類はいくつかあります。

 

 

 

代表的な方法といえば、

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングです。

 

 

 

しかし、これら二つのやり方を選ばず、

「歯科施術」によって、

歯を物理的に白くする方法もあります。

 

 

 

それでは、ホームホワイトニングと

歯科施術の違いには何があるでしょうか?

 

 

 

ここで明確にしていきましょう!

 

 

ホームホワイトニングと歯科施術の違いとは?

 

ホームホワイトニングは自宅にいながら

ホワイトニングケアができるので、

イメージ的にはセルフでするホワイトニングのようです。

 

 

 

歯科施術によるホワイトニングは

セルフでおこなうことはできず、

基本的に歯科医院での施術になります。

 

 

 

ホワイトニングでは白くできない事情がある場合、

歯の表面を少し削ってラミネートベニヤを接着します。

 

 

 

付け爪の歯バージョンと考えるとわかりやすいでしょう。

 

 

 

歯の表面に接着してラミネートベニヤをつけて、

歯を白く見せる方法です。

 

 

 

歯科施術はホームホワイトニングのように、

自分の歯を白くすることはできないんですね。

 

 

 

これが大きな違いでしょう。

 

 

 

歯を削るというと負担がかかって心配かもしれませんが、

神経を取るわけではありません。

 

 

 

ラミネートベニヤを接着した後に

着色がついて黄ばんで見えてしまっても、

歯科医院でステイン除去すれば元の白さを取り戻します。

 

 

 

ポイントは…?
ホームホワイトニングは家でできる!
これに対して歯科施術は、歯を多少削ってラミネートベニヤをつけて白く見せます。

 

 

ホームホワイトニングと歯科施術のポイントを解説!

 

歯科施術によって白くする方法は、

手術のようで大掛かりに聞こえるかもしれませんね。

 

 

 

歯を多少削ることはあっても、

あなたの歯自体は健全です。

 

 

 

歯科施術によるホワイトニングは、

隣の歯の色とあまりに違って

不自然に見える可能性がある場合や、

薬液を使っても白くならないような場合に選ぶ手段です。

 

 

 

ホームホワイトニングは、

お口に合ったマウスピースに

ホワイトニング用のジェルを乗せ、

歯にかぶせるだけでできるホワイトニング法です。

 

 

 

上下するか片方だけかで料金は変わるでしょう。

 

 

 

マウスピースは一度作れば、

その後は追加でマウスピース代がかかることはありません。

 

 

 

しかし、ジェルについてはなくなったら

歯科医院で購入する必要があります。

 

 

 

また、一週間に一度ホームホワイトニングするのが目安です。

 

 

 

あまりやりすぎると染みる原因になります。

 

 

 

ポイントは…?
歯科施術は隣の歯とあまりに色みが違いすぎてしまう場合や、ホワイトニングの薬液が使えないような歯に実行する!
ホームホワイトニングは週に一回が目安です。
 
 

ホームホワイトニングと歯科施術の違いとは?ホームホワイトニングと歯科施術のポイントを解説!まとめ

 

ホームホワイトニングは

セルフでできるホワイトニング♪

 

 

 

歯科施術は基本的に歯科医院でおこない、

歯を削ってラミネートベニヤをつけます。

 

 

最新情報をチェックしよう!