ネイルのやり方が知りたい!セルフネイルの準備や注意点とは?

 

自分好みのネイルにするだけで

毎日がほんの少し楽しい気分になりますし、

指先が可愛いと仕事中も幸せな気分になる…

 

 

 

そんな女性は多くいると思います。

 

 

 

サロンに通わず、自分でネイルをできたら

自宅で気軽にできて、

リーズナブルに楽しめますよね。

 

 

 

今回は初心者でもできるセルフネイルについてご紹介します。

 

 

 

ネイルのやり方が知りたい!

 

綺麗なネイルを完成させるためには、

実は基本のケアが重要です。

 

 

 

普段は爪切りで長さを切るだけですが、

エメリーボードという爪用のやすりを使用し、

爪のカーブを整えてあげます。

 

 

 

爪に丸みを出すように左右を整えましょう。

 

 

 

バッファーと呼ばれる爪磨きで、

爪の縦スジや凸凹を滑らかになるまで磨きます。

 

 

 

次にベースコートを塗ります。

真ん中、サイドの順で爪の根元から指先に向かって塗ります。

 

 

 

ベースコートが乾いたらマニキュアを塗っていきましょう。

 

 

 

塗り方はベースコートと同じで真ん中、

サイドの順ですが、

最初に爪の先端を塗ります。

 

 

 

爪の先端を先に塗ることで仕上がりが綺麗になります。

 

 

 

爪のサイドを塗るときは、

爪横の肉を指で押すと塗りやすいでしょう。

 

 

 

塗り足りない所を2度塗りしたら乾かし、

トップコートを塗って完成です!

 

 

 

全てが乾くまではなるべく手を動かさないように待ちましょう。

 

 

 

ここがポイント!
爪用やすりで形を整えてからベースコートを塗り、
乾いたらマニキュア、トップコートの手順で塗っていきましょう。

 

 

 

セルフネイルの準備や注意点

 

セルフネイルをするために準備するものは、

 

 

  •  爪切り
  •  爪やすり
  •  バッファー(爪磨き)
  •  ベースコート
  •  マニキュア
  •  トップコート

 

 

の6点が基本的に必要なアイテムです。

 

 

 

その他にマニキュアを落とすための

ネイルリムーバーとコットンが必要となります。

 

 

 

ネイルリムーバーで

マニキュアを落としたあとの爪は

とても乾燥しやすいので、

ネイルオイルを爪や根元部分にしっかり塗り込んで保湿をしましょう。

 

 

 

爪は本来ダメージを受けやすい部分です。

 

 

 

保湿不足で傷つきやすくなった爪は、

乾燥や細菌の侵入口になってしまうこともあります。

 

 

 

また、セルフネイルをつけっぱなしにするのも注意が必要です。

 

 

 

爪が伸びた部分に再度マニキュアを塗る

という方法などで常にマニキュアをつけていると、

爪の異常に気づきにくくなります。

 

 

 

適度な期間でマニキュアをオフし、爪の健康状態を確かめましょう。

 

 

 

ここがポイント!
セルフネイルは爪のケアが大事です。
ネイルは適度にオフし、爪の健康状態もしっかりチェックしましょう。

 

 

 

ネイルのやり方が知りたい!セルフネイルの準備や注意点とは?まとめ

 

セルフネイルの魅力はサロンに通わなくても、

自宅でいつでも気軽にできて、かつリーズナブルです。

 

 

 

しかし、爪のケアを怠ると美しいネイルは手に入りません。

 

 

 

しっかりケアをして自分だけの素敵なネイルを楽しみましょう!

 

 

 

初心者向けのマニキュアとしては、自分の爪に近い色のピンクや細かいラメが入ったものがいいでしょう。ムラが分かりにくく綺麗に見えやすい種類です。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!