たるみの原因と理想の顔はヒアルロン酸で解消できる?

 

おでこ、こめかみ、目の下、頬、あご、首など、

いたるところにできるにできるたるみ

 

 

 

ゴルゴライン(ゴルゴ線)、ほうれい線、

マリオネットライン(マリオネット線)など

 

ネガティブなワードとして

聞き慣れているものもその一種です。

 

 

 

それに加え、手のしわ、首のしわ、二の腕など、

たるみでの悩みは尽きないのではないでしょうか?

 

 

 

ここでは話題のヒアルロン酸で

たるみを解消して理想の顔になれるのかどうかを

検証していきたいと思います。

 

 

 

どうしてたるみはできるの?

 

たるみは主に加齢に伴いヒアルロン酸を始め

エラスチン等の肌の土台となる成分が減少し、

結果として皮膚が垂れ下がることで発生します。

 

 

 

全体面積に対して肉付きの良いとされる

目尻や目の下、眉間、額、口元、首元などで

多く発生するとされています。

 

 

 

肌全体は主に

ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、で構成され、

 

その3つでバランスを取ることにより

ハリや弾力を保っています。

 

 

 

コラーゲンは肌細胞の基礎・土台となります。

 

 

 

エラスチンは肌全体の弾力や

伸び縮みを維持する役割を持ちます。

 

 

 

ヒアルロン酸はお肌の保水をし、

これが不足するとお肌全体のみずみずしさや

ぷるぷるした感じが失せてしまいます。

 

 

 

これらの成分が減少すると、

お肌全体のバランスが崩れ、

たるみを引き起こしやすくなります。

 

 

 

また、この成分は加齢や日光などの

紫外線により徐々に

お肌から少なくなっていきます。

 

 

 

更にはお肌に必要な成分を生成する役割がある

「線維芽細胞」というものも加齢に伴い

その活動が停滞してきてしまうので、

 

何もしないでいると

自然とお肌は弾力やハリをキープできなくなります

 

 

 

これが憎っくきたるみの主な原因なのです。

 

 

 

たるみを解消するには?

 

コラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸のうち

特にヒアルロン酸が

十分に真皮層と言われる部分にあれば、

潤いやハリを維持することができます。

 

 

 

前項でも触れましたが、

加齢に伴うたるみの原因が若々しいお肌を保つのに

 

必要な成分の生成力

弱っている事が大きな原因です。

 

 

 

従ってたるみのない若々しいお肌を保つには、

必要成分を外部から補ってあげることが

とても重要なのです。

 

 

 

特にヒアルロン酸は元来体内に内包されている成分で、

コラーゲンの保持、肌全体の水分保持(保湿)や

お肌の伸縮性の保持など

とても重要な役割を担った特別な成分です。

 

 

 

赤ちゃんのお肌がぷるぷるしているのも、

ヒアルロン酸が十分にある事

みずみずしさとハリを保てているからなのです。

 

 

 

ヒアルロン酸をお肌に注入すると、

体内に残されているヒアルロン酸と結びつきます。

 

 

 

そのため、

お肌のみずみずしさや

ハリの復活が大きく期待できます。

 

 

 

この効果でたるみが取れるというわけです。

 

 

 

そればかりか多くの場合しわ・シミ・乾燥肌の

改善効果もあるすぐれものなのです。

 

 

 

たるみの原因と理想の顔はヒアルロン酸で解消できる?まとめ

 

「たるみ」や「しわ」は

顔の印象を大きく変えてしまいます。

 

 

 

年齢より間違いなく老けて見えるため、

これは性別問わず大きな悩みとして

抱えている方が多い事でしょう。

 

 

 

ヒアルロン酸でその悩みを解消し、

理想の顔を目指してはいかがでしょうか。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!