ヒアルロン酸でアゴの形成ができるのか?鼻を形成できるのか?

 

「あともう少し鼻が高ければ・・・」
「ツンとしたあごで輪郭を綺麗にしたい!」

 

 

 

など、

鏡を見るたびに思うことってありますよね。

 

 

 

切ったり貼ったりの整形手術は少し覚悟が要りますが、

メスを使わない「ヒアルロン酸注入」

希望が叶うなら挑戦してみたい方も

多いのではないでしょうか。

 

 

 

今回はヒアルロン酸注射で

顎や鼻の形成は可能か、解説していきたいと思います。

 

 

 

ヒアルロン酸でアゴの形成ができるのか?

 

ヒアルロン酸はもともと体内にある物質で、

皮膚や筋肉、軟骨など

体の様々な部分にある、ゼリー状の物質で、

細胞同士を繋ぐなくてはならない大きな役割を担っています。

 

 

 

皮膚では真皮に多く含まれ、

コラーゲンの弾力性を高めています。

 

 

 

真皮層はコラーゲンとエラスチンの

タンパク質の線維が網状に形成されていて、

その間を埋めるようにヒアルロン酸が水分をたっぷり含んだ

スポンジのような構造になっています。

 

 

 

また、こうして強固になったコラーゲンが

真皮の構造を支えることにより

細胞が正常に活動する機能が整い、

肌の水分を保持するヒアルロン酸も滞りなく産生され、

うるおいを保つ役割を発揮出来るのです。

 

 

 

ヒアルロン酸を深いシワやほうれい線、

くぼみの気になる部位に的確に注入することによって、

ヒアルロン酸が皮膚の内側から肌をもちあげて、

シワや凹んでいる部分を改善することができます。

 

 

 

気になる部分に直接注入するので、

効果を即実感することができます。

 

 

 

ヒアルロン酸は半年から1年をかけて

ゆっくり体に吸収されていくので、

 

効果を長期間持続したい場合は

継続的にヒアルロン酸注入をすることが必要です。

 

 

 

ヒアルロン酸注入であごや鼻の形を整えたい!

 

ヒアルロン酸注入でシワやほうれい線などの

アンチエイジング対策ができますが、

あごや鼻にも施術可能となります。

 

 

 

鼻を高くしたい、鷲鼻を治したい、

鼻をシャープにしたいという方には

ヒアルロン酸注入はおすすめです。

 

 

 

シワやほうれい線の時に注入するヒアルロン酸より、

固めのヒアルロン酸を注入することで、

鼻筋を通してすっきりした印象に見えます。

 

 

 

また、あごに注入することによって、

小さなあごをだしたり、あごの先端をとがらせて

シャープな印象のフェイスラインを作ることができます。

 

 

 

また、メスを使った施術と違い、

施術時間も10~30分程度と短く

入院も勿論必要ありません。

 

 

 

赤みや腫れが出ることがありますが、

通常2~3日で目立たなくなります。

 

 

 

内出血やしこりが起きた場合は、

ヒアルロン酸が馴染むことで解消されていき、

個人差はありますが、2~3週間程度かかります。

 

 

 

最近のヒアルロン酸は

体内にあるヒアルロン酸と同じ構造を持つ

ヒアルロン酸を合成したものなので、

比較的アレルギーは出にくいようです。

 

 

 

ただ、腫れる、赤くなる、痒み

などの症状が出た場合は内服薬などで治療を行います。

 

 

 

それでもアレルギー症状が治まらない時は

ヒアルロン酸溶解剤を用いて、ヒアルロン酸の除去を行います。

 

 

 

心配な方は施術前にアレルギー検査をすると良いでしょう。

 

 

 

ヒアルロン酸でアゴの形成ができるのか?鼻を形成できるのか?まとめ

 

ヒアルロン酸注入は

アンチエイジング効果だけではなく、

あごや鼻のラインを整えることも可能でした。

 

 

 

ダウンタイムも短く挑戦しやすい施術です。

 

 

 

安全性が高い施術ですが、

稀にアレルギーが起きることもあるのが要注意ですね。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!