ヒアルロン酸を注入する場合、良い医療機関の見つけ方は?

 

「ヒアルロン酸」と聞くと

お肌がぷるぷるになって

美しくなれるイメージがありますよね。

 

 

 

ヒアルロン酸入の化粧品やサプリに加え、

「ヒアルロン酸注射」

も施術する医療機関が増え、

ぐっと身近なものになりました。

 

 

 

ではその中で自分に合った

クリニックを選ぶためには

なにがポイントになるのでしょうか。

 

 

 

今回は話題のヒアルロン酸注射と

良い医療機関の見つけ方について

考えていきたいと思います。

 

 

 

ヒアルロン酸注射ってどんなもの?

 

ヒアルロン酸はヒトの体に

もともとある物質で、

皮膚や筋肉、軟骨など体の様々な部分にある

ゼリー状の物質です。

 

 

 

コラーゲンやエラスチンなどの

細胞同士を繋ぐ役割を担っていて、

皮膚の潤いや弾力を維持しています。

 

 

 

ヒアルロン酸は1gで6Lもの水分を

蓄える力を持っています。

 

 

 

美しさを保つためには

必要不可欠なヒアルロン酸ですが、

年齢を重ねるごとに30才では65%、

50才で45%と減少していきます。

 

 

 

ヒアルロン酸が不足すると

肌にハリが失われて、

たるみの原因にもなってしまいます。

 

 

 

化粧水やサプリや にも

ヒアルロン酸入りのものはありますが、

 

分子が大きすぎるためお肌の

奥深くまで浸透させるのは

残念ながら難しいようです。

 

 

 

一方、ヒアルロン酸注射は

直接皮膚下に液体を注入するので、

 

しわやたるみの改善や、

目元や唇をふっくらさせることができ、

効果をすぐに実感することが可能です。

 

 

 

ヒトの体にもともとある物質のため、

アレルギーが起こりにくいのも

人気の理由のひとつです。

 

 

 

ヒアルロン酸注入は10~30分程で終わり、

入院の必要もありません。

 

 

 

また、翌日からお化粧もできるので

学校や会社を休まなくても大丈夫です。

 

 

 

ダウンタイムもメスを使う

施術と違い比較的短いのも、

ヒアルロン酸注射に挑戦する人が

増えている理由でしょう。

 

 

 

ヒアルロン酸注射の治療を受けるクリニックを選ぶポイントとは?

 

ヒアルロン酸注射の価格は

受けるクリニックにより

大きく違いがあります。

 

 

 

これはクリニックが都心にあるか

地方にあるかによっても違いますが、

打つ場所によって本数や使う

ヒアルロン酸の種類が変わってくるのです。

 

 

 

ヒアルロン酸の硬いタイプは、

眉間やほうれい線などの深いシワや、

鼻の形成や唇をボリュームアップさせる

プチ整形に適しています。

 

 

 

柔らかいタイプのヒアルロン酸は

目の下や額の小ジワなどの

部分に適しています。

 

 

 

浅いシワに粒子の

大きなヒアルロン酸を注入すると、

 

他の部分より不自然に

盛り上がってしまったり、

 

深いシワに小さな粒子の

ヒアルロン酸を注入すると

体内に吸収されやすいため、

効果がすぐ失われてしまいます。

 

 

 

どのヒアルロン酸のタイプを

使用するかや、

使用する量などは

医師の技術や判断により変わり、

仕上がりにも差が出ていきます。

 

 

 

したがって、

良い医療機関を見つけるのは

とても重要なことです。

 

 

 

まずはホームページなどに載っている

クチコミなどをチェックし、

カウセリング時には自分のイメージを

しっかり伝えましょう。

 

 

 

また、ヒアルロン酸注射は

リスクの低い施術ですが、

医療行為である以上

全くリスクが無いとはいえません。

 

 

 

万が一のリスクの場合のため、

アフターケアがしっかりしている

クリニックを選ぶことも重要でしょう。

 

 

 

ヒアルロン酸を注入する場合、良い医療機関の見つけ方は?まとめ

 

沢山の医療機関が

ヒアルロン酸注射を行っていますが、

価格の相場や使用する

ヒアルロン酸の種類など様々でした。

 

 

 

カウンセリングは納得するまで

何件もまわって比較するのもよいし、

口コミなどを参考にするのも良いでしょう。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!