ヒアルロン酸でたるみ対策は可能?その時に打つ場所は?

 

加齢と共に気になってくる顔のたるみ。

 

 

 

最近フェイスラインぼやけてきた、

ほうれい線が気になる、

顔の雰囲気が前と変わった気がする

 

 

 

ある日鏡を見てドキッとした経験はありませんか?

 

 

 

実はこれは全て

たるみからきている場合があります。

 

 

 

こんな悩みを解決するために、

エイジングケアとして人気の

「ヒアルロン酸注入」の効果や

実際に打つ場所など紹介していきます。

 

 

 

お肌とヒアルロン酸の関係

 

ヒアルロン酸はヒトの皮膚や筋肉、

軟骨など体の様々な部分にある、

ゼリー状の物質で、

 

細胞同士を繋ぐなくてはならない

大きな役割を担っています。

 

 

 

皮膚では真皮に多く含まれ、

コラーゲンの弾力性を高めています。

 

 

 

ヒアルロン酸には非常に高い保水力があり、

ヒアルロン酸1gに対して

6リットルの水を蓄える力があるのです。

 

 

 

シワやたるみの原因は加齢による

ヒアルロン酸の減少です。

 

 

 

30代で70%、50代で40%、60代では

約25%に減ってしまう驚きの事実があります。

 

 

 

真皮層はコラーゲンとエラスチンの

タンパク質の線維が網状に形成されていて、

 

その間を埋めるように

ヒアルロン酸が水分をたっぷり含んだ

スポンジのような構造になっています。

 

 

 

また、こうして強固になった

コラーゲンが真皮の構造を支えることにより

細胞が正常に活動する機能が整い、

 

肌の水分を保持する

ヒアルロン酸も滞りなく産生され、

うるおいを保つ役割を発揮出来るのです。

 

 

 

ヒアルロン酸入りの化粧水や

クリームは細胞内に取り込まれるような

表現をしているものが目立ちますが、

 

 

 

化粧品に含まれるヒアルロン酸は

高分子であるため直接肌の細胞内に

浸透することは考えにくいです。

 

 

 

一方、ヒアルロン酸注射による注入は、

徐々に体内で吸収されてしまい、

 

効果は一時的で

継続的に打つ必要がありますが

肌の真皮層に直接ヒアルロン酸を

補給することが可能なのです。

 

 

 

ヒアルロン酸注射とは?しわやたるみに効果的な場所は?

 

ヒアルロン酸注射は

ヒアルロン酸注入剤を皮膚の下に注入し、

シワやたるんだフェイスラインの

改善が出来るものです。

 

 

 

メスを使う美容整形手術と違い、

ダウンタイムが少なく、

施術時間も10分程度と短いことから

手軽に出来る美容医療として

今とても注目されています。

 

 

 

体に元々ある成分なので

アレルギー反応が出にくく

リスクが少ないのも人気の点です。

 

 

 

ヒアルロン酸は時間が経つと

体内で吸収され、

施術した部位は元の状態に戻ります。

 

 

 

効果の持続期間は使用する

ヒアルロン酸により大きく異なり、

たくさんの種類があります。

 

 

 

それぞれ濃度や分子の大きさなど、

使い分けられています。

 

 

 

ヒアルロン酸注射の適応部位は

額、眉間、目元、鼻、口元、顎、

こめかみ、頬などです。

 

 

 

注入することにより、

「ボリューム形成」
「しわ改善」
「リフトアップ」

などの効果があります。

 

 

 

目の下のから斜め下に向かって、

頬の中央に出ているたるみじわの

「ゴルコライン」、

 

 

 

小鼻の横から口元にかけて

年齢による頬のたるみで

だんだんと目立ってくる「ほうれい線」、

 

 

 

口のわ周りから顎にかけて出る

「マリオネットライン」の解消に効果的です。

 

 

 

ヒアルロン酸でたるみ対策は可能?その時に打つ場所は?まとめ

 

ヒアルロン酸注射は

エイジングケアとして

とても注目されている施術で、

たるみ対策には効果的!

 

 

 

ヒアルロン酸注射は体への負担も少なく、

即効性があり、

しわやたるみを改善する方法として

手軽に受けやすい施術です。

 

 

 

使用するヒアルロン酸の種類や量、

注入場所を医師が

的確に判断が必要となるので、

しっかりネット等で下調べや、

実際にカウセリングを行うなど準備しましょう。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!