ヒアルロン酸はアトピー改善もできる?何歳から使っても大丈夫?

 

肌を保湿したくても、

すぐに刺激を受けてしまい

逆に肌荒れを起こしてしまう、

アトピー性皮膚炎。

 

 

 

アトピー性皮膚炎の方の肌は刺激に弱く

乾燥しやすい状態にあります。

 

 

 

その乾燥がさらにかゆみを招き、

思わずかいてしまうとまた炎症を起こしてしまう…

 

 

 

こういった悪循環に苦しんでいる方も

多いのではないでしょうか?

 

 

 

そんなアトピー症状の緩和に、

ヒアルロン酸が効果的だということは

意外に知られてないのです。

 

 

 

ヒアルロン酸は、アトピーに効く?

 

眠れないほどの痒みと乾燥…

ステロイドを使いすぎるのも怖いし、

日々のケアでなんとか

アトピー症状を緩和したい…

そんな風に考えている方も多いかと思います。

 

 

 

何と言っても、アトピーの症状の緩和には、

まず保湿が1番大切です。

 

 

 

そこで低刺激な保湿成分といえば、

やはり、ヒアルロン酸です。

 

 

 

その保水力はなんと、

自身の重さの6000倍もの水を蓄えるほど!

 

 

 

しかもこれは温度や湿度に

影響されることはなく、

非常に安定した効果が得られるのも魅力的です。

 

 

 

ヒアルロン酸自体は、

肌の表皮の保湿効果しかなく、

真皮層に届くことはできません。

 

 

 

しかし、アトピー患者さんは

表皮の乾燥が激しく、

その乾燥を防ぐだけでも、

かなりかゆみや刺激による皮膚の違和感が

改善されると言われています。

 

 

 

ヒアルロン酸は、

そんなアトピー患者さんの表皮を

優しくケアできてしまうのです。

 

 

 

また、ヒアルロン酸は

もともと人間の体に含まれる成分です。

 

 

 

敏感肌のアトピー患者さんも

思う存分使うことができるのも魅力ですね。

 

 

 

相乗効果でヒアルロン酸をより深く!

 

相乗効果のある成分と一緒に取ることで、

ヒアルロン酸を表皮だけでなく

より奥深くへ浸透させることが

できるのを知っていますか?

 

 

 

そのヒアルロン酸ととても相性のいい

美容成分とは、セラミドです。

 

 

 

セラミドは角質の間にあ

る脂質の6割を占める成分で、

これを介してヒアルロン酸は肌の奥へと

浸透して行くことができます。

 

 

 

ヒアルロン酸の効果を実感したいのであれば、

セラミドを含んだケア用品と

組み合わせて使うことで

より保湿効果を実感できるでしょう。

 

 

 

セラミドは、肌表面で

しっかりうるおいを閉じ込める働きを持っています。

 

 

 

使用順序としては、

ヒアルロン酸で保った水分を、

セラミドでしっかり蓋をする

イメージで使って行くと効果的です。

 

 

 

アトピー肌はヒアルロン酸や

コラーゲン不足のために

充分な栄養素が取り込めないため、

 

健康な角質が作れず、

弱くてもろい状態になってしまいます。

 

 

 

そのような状態の角質は、

ターンオーバー周期も

通常の何倍も早まってしまうそうです。

 

 

 

こういった状態を解消するには、

きちんと保湿する成分を補い、

少しづつ丈夫な肌が作られるように

補助することが大切です。

 

 

 

ヒアルロン酸はアトピー改善もできる?何歳から使っても大丈夫?まとめ

 

このように、

ヒアルロン酸を適切に使うことで、

乾燥から肌を守り、

アトピーのかゆみや炎症を防ぐことができます。

 

 

 

もちろん、日々のケアですから、

ヒアルロン酸による保湿ケアは

何歳からでも使用いただけます。

 

 

 

元々人体に含まれる成分ですから、

アトピー性の感想に悩む

赤ちゃんにも使えて安心ですね。

 

 

 

ただ、乳幼児や肌の弱い方は、

ヒアルロン酸入り化粧水などの

ヒアルロン酸以外の成分で

肌荒れが起きてしまうこともあります。

 

 

 

しっかりと成分を確認してから、

ヒアルロン酸を活用していきましょう!

 

 

 

最新情報をチェックしよう!