ヒアルロン酸の打ちすぎはどうなる?後悔する声まとめ!

 

いつまでも若く美しくいたいのは

芸能人やモデルだけではなく

女性の永遠の願いですよね。

 

 

 

メスを使わないプチ整形として

人気の「ヒアルロン酸注入」

ダウンタイムも少ない注入系の施術

費用も安い方なので気になっている方も

多いのではないでしょうか。

 

 

 

ヒアルロン酸打ち過ぎによる後悔の声後悔する声

 

「リスクが少ない」点も

人気の理由のひとつですが、

ヒアルロン酸を打ち続けて

後悔してしまった声もあるようです。

 

 

 

  • 「涙袋を作りたくてヒアルロン酸注入をしたが注入部分がボコボコになってしまった」
  • 「おでこにヒアルロン酸注入したが、左右非対称になってしまった」
  • 「頬に注入したが思ったよりも高くなりすぎた」
  • 「内出血になってしまった」
  • 「あごに注入したが何故だかあごが目立ちすぎてしまって後悔している」
  • 「唇に注入したヒアルロン酸が青白く透けて見える」
  • 「触ると硬い感じがする」
  • 「続けていくうちに物足りなくなり満足しなくなった」
  • 「注入した部分がズレている気がする」
  • 「不自然な顔と周りに言われた」

 

 

 

など中にはゾッとしてしまうような

体験談をお持ちの方もいるようです。

 

 

 

しかし、スキンケアやエイジングケアに

ヒアルロン酸が効果的である事は

科学的にも証明されており、

 

後悔の声に上げたような

トラブルを避けつつ

積極的に取り入れていきたい方法であることは否定できません。

 

 

 

その証拠に大多数の方は

トラブルなく満足をされているのです。

 

 

 

ではどのように付き合っていくべきなのでしょうか?

 

 

 

ヒアルロン酸によるトラブルを防ぐには

 

先に挙げさせていただいたような不満の声は、

ヒアルロン酸の品質に問題があったり、

注入する量(打ち過ぎ)、

場所が適正では無いと起こるようです。

 

 

 

ヒアルロン酸注入は

エイジングケアとして人気が高く、

加齢によるシワやくぼみ、

鼻や口唇、顎や涙袋の形成、

バストアップなどの豊胸目的としても

使用されています。

 

 

 

ヒアルロン酸はもともと

ヒトに存在している成分なので

親和性が高くアレルギーを

起こしにくいのも特徴です。

 

 

 

一定時間が経過すると

体内に吸収されるので効果を

持続するためには継続して

注入を行う必要があります。

 

 

 

また、万が一元に戻したい場合も

ヒアルロン酸溶解注射にて溶かすことが可能です。

 

 

 

また、効果を過度に期待しすぎたり、

イメージを医師に

伝えられていないことも原因になります。

 

 

 

また、感覚が麻痺してしまい、

注入頻度がどんどん増え、

不自然な仕上がりになっていく現象は

精神的な問題もあるようです。

 

 

 

HPや口コミで症例数や医師の評判をチェックし、

納得いくまでカウセリングを受けることが、

失敗やリスクを減らし、

満足いく効果を得るためにとても重要です。

 

 

 

また副作用があるケースも

わずかながらあるので、

その点においてもしっかりとした

カウンセリングを受けることがとても重要です。

 

 

 

ヒアルロン酸の打ちすぎはどうなる?後悔する声まとめ!

 

ヒアルロン酸注入は、

手軽なプチ整形だから安全という感覚が広がっています。

 

 

 

しかしそのリスクについても、

担当医任せにならず

自分で最低限の知識を持っておくことが大切です。

 

 

 

打ち過ぎによるリスクや副作用を知り、

しっかりと相談の上、

回数やスケジュールを決める事でトラブルは回避できます。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!