ヒアルロン酸で頬のコケを治す?小顔は形成できる?

 

「頬の毛穴が目立ってきた」
「顔がやつれたと言われた」
「顔が大きくなった気がする」

 

 

 

これは加齢による頬のたるみ

原因かもしれません。

 

 

 

一度気になってしまうと

毎日鏡を見るのが

憂鬱になってしまいますよね。

 

 

 

そこで今話題の「ヒアルロン酸注射」

悩みの改善はできるのかを

紹介していきたいと思います。

 

 

 

ヒアルロン酸注射とは?頬のコケは治せるの?

ヒアルロン酸注射の他に、

ヒアルロン酸化粧品、

ヒアルロン酸入りサプリ…。

 

 

 

よく耳にするヒアルロン酸という言葉。

 

 

 

実はヒアルロン酸は

人間の身体にもともと存在している成分です。

 

 

 

皮膚はもちろん、目や関節など

あちこちで大切な役割を担っています。

 

 

 

ヒアルロン酸は肌の弾力や潤い、

関節を動かすための

クッションのような働きをしているのですが、

 

加齢とともに

身体の中のヒアルロン酸は減少していきます。

 

 

 

体内のヒアルロン酸が少なくなると

お肌のハリが失われ、

たるみやシワの原因にもなるのです。

 

 

 

化粧品やサプリで少なくなったヒアルロン酸を

充分な量を補っていくことは難しく、

 

劇的に目に見えた効果を実感できるのは

「ヒアルロン酸注射」です。

 

 

 

ヒアルロン酸注射はたるみやシワの改善、

関節痛の緩和など

様々な治療で使用されます。

 

 

 

頬がこけていると貧相に見られたり、

老けて見られてしまいますが、

 

そんな方にもヒアルロン酸注射を用いて、

頬をふっくらさせることができます。

 

 

 

ヒアルロン酸注射の種類は多数あり、

頬に使用するヒアルロン酸は

柔らかいタイプを使用します。

 

 

 

逆に硬いタイプのヒアルロン酸では

見た目が不自然になってしまいます。

 

 

 

施術時間は大体20分程で終わり、

極細針で深い層に注入するので

内出血や腫れなども少なく、

入院の必要もありません。

 

 

 

ヒアルロン酸注射で小顔になれるの?

 

理想の小顔を作るには

ただ顔が小さいだけではありません。

 

 

 

スッキリしたフェイスライン、

パーツが全体的に整ってこそ、

バランスが良い美しい小顔が手に入ります。

 

 

 

切ったり貼ったりのメスを使った手術で

小顔を形成しようとすると、

 

ダウンタイムも長い時間がかかり、

挑戦するには勇気が出ない方も多いと思います。

 

 

 

では、ヒアルロン酸注射で小顔を作るには

どういった方法があるのでしょうか。

 

 

 

前述であるように、頬のこけを治し、

輪郭やパーツのバランスを整えることで、

顔にメリハリができ、

小顔印の印象になります。

 

 

 

また、顎の下膨れが目立つ方は、

ヒアルロン酸を顎に注入し、

顎の形を整えることで

フェイスラインが美しい小顔に見えます。

 

 

 

鼻筋に注入することで、

顔のラインを整えると同時に、

顔の中心に光を集め、

 

立体感を持たせ小顔に演出するなど、

目の錯覚を利用し

小顔に見えることが可能です。

 

 

 

ヒアルロン酸注射で頬やフェイスラインを

リフトアップさせることも

小顔に見える方法のひとつです。

 

 

 

このように、ヒアルロン酸注射による

小顔形成はひとりひとり異なります

 

 

 

そして担当する医師の美的センスや技術、

判断によって効果が左右される、

ヒアルロン酸注射による小顔治療。

 

 

 

小顔を阻む原因を

しっかりと見極めることが

美しい理想的な小顔を作るために必要なのです。

 

 

 

ヒアルロン酸で頬のコケを治す?小顔は形成できる?まとめ

 

リスクが少ないヒアルロン酸注射で

お顔の悩みが改善できるのは

とても希望が持てますね!

 

 

 

満足する結果を得るには、

医師の技術やセンスも必要となってくるので、

カウンセリング時にしっかりイメージを伝え、

信頼できる医院を見つけましょう!

 

 

 

最新情報をチェックしよう!