手の甲にヒアルロン酸?顔以外だったらどこに入れる?

 

肌の若返り効果が期待できると

人気のヒアルロン酸。

 

 

 

ヒアルロン酸をどこに注入するかと言うと、

ほとんどの方が顔を

イメージするのではないでしょうか?

 

 

 

しかし最近、特に内外などで顔以外の部位にも

ヒアルロン酸を注入する方が

増えていると耳にします。

 

 

 

日本ではそこまで浸透していないようですが

果たして効果はあるのか?

 

 

 

また、効果があるのだとしたら

どの部位に注入するのが効果的なのか?

 

 

 

気になるポイントを検証してみました。

 

 

 

ヒアルロン酸は顔以外にも効果はあるの?

 

「しわ」「たるみ」

老け顔に見えてしまう

大きな原因になる事は皆さんご存知かとは思います。

 

 

 

ヒアルロン酸を注入することの

一番大きなメリットが、

肌組織の水分を保持してくれることになります。

 

 

 

そのためお肌のハリや弾力が改善し、

「しわ」や「たるみ」が目立たなくなるのです。

 

 

 

また、みずみずしさも改善されるため、

お肌が若々しく見えるわけです。

 

 

 

お肌を若々しく保つために

とっても大事な体内のヒアルロン酸生成力は、

加齢や日々の紫外線吸収により

どんどん減少を続けます。

 

 

 

そういった意味においても

ヒアルロン酸を注入する事は

肌にとってとても有用な行為となります。

 

 

 

肌の組織は全身大きな違いはありません。

 

 

 

ということはつまり顔以外の部分でも

「しわ」や「たるみ」が気になる部分に

ヒアルロン酸を注入すればその部分が

若々しく見えるようになるということなのです。

 

 

 

専門的な知識を持つ美容クリニックでは、

部位に応じて最適なヒアルロン酸注入方法

熟知しているだけでなく、

 

ご本人に対して改善効果が最も期待できる部位の

アドバイスも受けることができますので、

 

気になる部位に関してはほぼすべての部位を

若々しいお肌に改善させることが基本的には可能です。

 

 

 

顔以外の、おすすめのヒアルロン酸注入部位は…?

 

では、実際どの部位に

ヒアルロン酸注入をするのが

最も効果的なのでしょうか?

 

 

 

もちろん気になる部分を人それぞれ多々あるかとは思います。

 

 

 

その中でもおすすめなのは

季節問わず表に出やすい部位です。

 

 

 

逆にいうと、表に出にくい部分は

優先度が低いと言えます。

 

 

 

やはり周りにどう見られるかを考えた方が、

結果としてうまくいくケースが多いようです。

 

 

 

具体的には「首」「手の甲」です。

 

 

 

首の横じわは年齢を感じさせるポイントですよね。

 

 

 

マフラーでもしない限り

常に見えている部位でもありますし、

特に正面からの目線に入りやすいため、

とても目に付きやすい部位となります。

 

 

 

実際に美容クリニックなどでも

注入希望者が多い部位となっています。

 

 

 

手の甲についても、手袋をしていない限りは

常にさらされている部位となります。

 

 

 

また首と違う点としては、

ふとした瞬間などに視線に入ることが多いため、

瞬間的に老けている印象

かえって強く与えてしまいます。

 

 

 

せっかく顔が若く見られていても

マイナスのギャップになり、

かえって悪印象を

与えてしまうことも多いようです。

 

 

 

そういったことから、

ヒアルロン酸を顔以外に注入するとするならば、

「首」「手の甲」がおすすめとなります。

 

 

 

手の甲にヒアルロン酸?顔以外だったらどこに入れる?まとめ

 

見た目の印象で一番大事なのは顔です。

 

 

 

しかし、顔以外の部分にも気を配ることにより、

さらなる若見せが可能です。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!