ダイエット中でも食べられる低糖質食品とNG食品とは…?

 

食べるのは大好きだけれど痩せたい!

という人もきっと多いでしょう。

 

 

 

食べたいけれど太るのは嫌、でも食べたい…!

なんて、ダイエット中はストレスもたまりがちです。

 

 

 

しかし、ダイエット中でも食べられる低糖質食品があるのです!

 

 

 

選び方に気を付ければ、ダイエットしつつも食事を楽しみ

ストレスを減らせるでしょう。

 

 

 

ただ、ダイエット中でも食べていい低糖質の食材がある一方で、

食べないほうがいい食品もありますよ。

 

 

 

一緒に確認していきましょう!

 

 

 

ダイエット中でも食べられる低糖質食品

 

基本的に、炭水化物メインで構成されている食品は糖質が高いです。

 

 

 

そのため低糖質食品を選ぶなら、

炭水化物が少なめのものを選びましょう。

 

 

 

【食べてもいい食材】

 

  •  卵
  •  きのこ
  •  こんにゃく
  •  肉
  •  魚
  •  チーズ
  •  ナッツ
  •  芋類
  •  野菜
  •  大豆加工品(豆腐や納豆など)
  •  豆

 

 

 

チーズや肉類はダイエット中はいけないと思っていましたが、

大丈夫なんですね!

 

 

 

その理由は低糖質だから!

 

 

 

お気づきでしょうが、

上記の例にはご飯や麺類、パンなどが含まれていません。

 

 

 

主食にあたるものって、

炭水化物メインのものが多いのです…。

 

だからダイエットの時にはおすすめできません。

 

 

 

上記にピックアップした食材なら、

糖質メインではないですし、

高たんぱくで栄養価も高いです。

 

 

 

また、野菜やきのこを選べば

食物繊維もたっぷりとれますよ♪

体調が整って健康的なのです。

 

 

 

ぜひ低糖質食品をダイエットの味方につけてくださいね。

 

 

 

ここがポイント!
基本的に、炭水化物を含まない食材は低糖質食品です。
豆や野菜、肉や魚はダイエット中に食べていいのです。

 

 

 

NG食品とは…?

 

ダイエット中に食べないほうがいいNG食品があります。

下記でご紹介するものは、控えてくださいね。

 

 

 

【NG食品】

 

  •  ご飯
  •  パスタ
  •  うどん、そば
  •  ドライフルーツ
  •  甘いジュース
  •  スナック菓子
  •  パン
  •  ケーキ

 

 

 

主食になるものやスイーツは、

糖質の宝庫といっても過言ではありません!

 

 

 

とはいえ、主食はエネルギーになるしおいしいし、

ガッツリ食べたい時はお腹を満たしてくれますよね。

 

 

 

甘いスイーツは見た目も味もいいものばかりで、誘惑です。

 

 

 

でもダイエット中は要注意ですよ。

 

 

 

甘い飲料にも糖質がいっぱい使われているので、

気を付けましょうね。

 

 

 

ここがポイント!
甘いお菓子やフルーツジュース、ご飯や麺など主食になるものはNG食品です。

 

 

 

ダイエット中でも食べられる低糖質食品とNG食品とは…?まとめ

 

炭水化物の少ない

大豆製品や肉、魚、野菜類は

低糖質食品なので、率先して食べましょう!

 

 

 

NG食品はお菓子やご飯、麺やパンなどです。

 

 

 

甘い飲食や主食は、

たくさんとりすぎないように気を付けてくださいね。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!