有酸素運動・ウォーキングでダイエット!痩せる歩き方と姿勢とは?

 

ウォーキングは、「有酸素運動」の代表的な例です。

 

 

 

ウォーキングであれば、

道具も運動神経も必要なくて手軽ですよね。

 

 

 

運動が苦手でもトライしやすいでしょう。

 

 

 

ウォーキングは

ダイエットにとてもおすすめなんです。

 

 

 

歩くだけでも、

長時間なら汗をかいて疲れてきます。

 

 

 

ウォーキング後に体重を測ったら

減っているでしょう。

 

 

 

ダイエットの効率をさらにアップさせるためにも、

痩せる歩き方を実践してくないですか?

 

 

 

痩せやすい歩き方で、効率よく減量していきましょう!

 

 

 

有酸素運動・ウォーキングでダイエット!

 

有酸素運動の一つである

ウォーキングでダイエットは、可能です!

 

 

 

例えばあなたが10分間ウォーキングしたとして、

消費カロリーは20カロリーくらいです。

 

 

 

サイクリングを10分した場合は55カロリー消費、

走ったら90カロリー消費です。

 

 

 

ウォーキングが一番消費カロリーは少ないものの、

体にかかる負担は少ないです。

 

 

 

負担が少ないからこそ、

カロリー消費もほかの運動と比べて緩やかです。

 

 

 

それでもウォーキングを日常的に続けていると、

痩せやすくなります。

 

 

 

というのも、

ウォーキングを継続して習慣にすれば、

皮下脂肪や内臓脂肪が燃えやすくなるんです。

 

 

 

一日30分を目安に歩いてみてはいかがでしょう?

 

 

 

さらに、ウォーキングの前に

筋肉トレーニングをすると、

さらにダイエットの効果は期待できるでしょう。

 

 

 

ウォーキングする時は、

荷物を持たずに手ぶらでします。

 

 

 

腕の振り方も大きいほうが、

ダイエットの効果が期待できますよ。

 

 

 

ここがポイント!
ウォーキングを日常的にしていれば、内臓脂肪や皮下脂肪が燃えやすく、
痩せ体質になれるでしょう。
ウォーキングは30分以上を心がけてくださいね!

 

 

 

痩せる歩き方と姿勢とは?

 

ウォーキングでダイエットするならば、

痩せる歩き方でウォーキングすると、

効率がアップするでしょう。

 

 

 

鳩のようにヨチヨチ歩きしては、

せっかくのウォーキングも意味がなくなるかも…。

 

 

 

歩き方や姿勢は、何気に大切なんです!

 

 

 

痩せやすい歩き方にもコツがあります。

 

 

 

そのコツは、

「大股で早歩き」を意識することです。

 

 

 

自分はモデルのように足が長いのだと想像します。

 

 

 

そして脚をかなり高い位置(腰)から

前に出すイメージで、振り出すのです。

 

 

 

脚は手前ではなく、

できる限り遠くに着地させます。

 

 

 

そうして歩くとモデル歩きのように、

理想的な態勢で歩けるでしょう。

 

 

 

これが痩せやすい歩き方でもあるのです。

 

 

 

姿勢が猫背だと台無しになるので、

背筋を伸ばして歩きましょうね。

 

 

 

ここがポイント!
大股で早歩きを意識しましょう。
猫背にならず、正しい姿勢で歩くようにします。

 

 

 

有酸素運動・ウォーキングでダイエット!痩せる歩き方と姿勢とは?まとめ

 

ウォーキングは水泳やジョギングなどと比べると、

カロリーの消費率は悪いものの、

続ければ脂肪が燃えやすくなります。

 

 

 

一回30分以上ウォーキングする習慣をつけましょう。

 

 

 

大股で、姿勢を良くして颯爽と歩きましょうね!

 

 

 

最新情報をチェックしよう!