ボトックスの副作用などデメリットを知りたい!打ちすぎるとどうなるの?

 

ボトックスに何か副作用があれば、

最初に知っておきたいですよね。

 

 

 

施術してからこんなはずじゃなかった!

なんて、後悔したくありません…。

 

 

 

ボトックスを受けても効果は永遠ではありません

 

 

 

だから効果が落ちてきたら、

再度打つことも可能です。

 

 

 

打ちすぎた場合、何か支障はないのでしょうか?

 

 

 

ボトックスにはメリットがたくさんありますが、

デメリットも何かしらあるはずです。

 

 

 

施術する前にここで確認しましょう!

 

 

 

ボトックスの副作用などデメリットを知りたい!

 

ボトックスのデメリットといえば、

永続的には効果がもたないことです。

 

 

 

長くて半年間です。

 

 

 

ボトックスで起こりうる副作用には、下記のようなものがあります。

 

 

  •  まぶたが下がってくる
  •  硬い物が噛みにくくなる
  •  不自然な表情になる
  •  頭痛
  •  表情がこわばる
  •  ご年配の方は皮膚がたるみやすくなる
  •  施術後の内出血
  •  表情がなくなり無愛想に見える

 

 

 

こんなにあるの?

と驚かれた方もいるでしょう。

 

 

 

しかし、上記の副作用が

全部出るのは考えられませんし、

全く出ない人もいます。

 

 

 

ボトックス注射をする位置や、

注入する量によっても異なります。

 

 

 

要は個人差があるのです。

 

 

 

たとえ副作用が出たとしても一時的で、

時間が立つと消えてしまう場合もあります。

 

 

 

【ここがポイント!】
副作用はボトックスを打つ位置や量、ご年齢によっても変わってきます。
デメリットは持続期間に制限があることや、失敗した場合の修正が困難なことです。
 
 
 

打ちすぎるとどうなるの?

 

ボトックス注射を打ちすぎた場合、下記のようなリスクが考えられます。

 

 

  •  頬がこけてたるみやすくなる
  •  再度ボトックスを受けても効果を実感しにくくなる
  •  表情が不自然になる

 

 

 

絶対に起こるとは限りません。

短期間で打ちすぎた場合や、

粗悪な薬剤や施術法によってこのようなリスクが出るでしょう。

 

 

 

だからこそ、信頼できる腕のいいクリニックを選ぶことが大切なんです。

 

 

 

【ここがポイント!】
打ちすぎると、たるみや不自然な表情などのリスクが出てきます。
リスク防止のため、信頼できる医師のもとで適切に打ってもらいましょうね。
 
 
 

ボトックスの副作用などデメリットを知りたい!打ちすぎるとどうなるの?まとめ

 

ボトックスの副作用やデメリットには、

効果が長続きしないことや、

表情が不自然になること、たるみのリスクが挙げられます。

 

 

 

効果は一定期間しかもたないからといって、

短期間で打ちすぎるのはよくありませんね。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!