アンチエイジングは食べ物でできる?アンチエイジング効果のある食べ物とは?

 

いつまでも若々しくいたい!

これは男女共に永遠の願いではないでしょうか。

 

 

 

アンチエイジングのための

化粧品やエステは沢山あります。

 

 

 

しかし、体と肌を作っているのは普段の食生活です。

 

 

 

毎日の食事でアンチエイジングの効果を得ることが

できれば理想的ですよね。

 

 

 

今回はアンチエイジングと食べ物について解説していきます。

 

 

 

アンチエイジングは食べ物でできるの?

 

アンチエイジングの敵となるのが、

活性酸素です。

 

 

 

体内に活性酸素が増えていくと、

血管や細胞をサビつかせる てしまい、

免疫力も下がります。

 

 

 

活性酸素は呼吸により

体内に入る酸素だけではなく、

紫外線、喫煙、ストレス、

食品添加物からも発生します。

 

 

 

活性酸素が過剰に発生すると細胞を傷付けたり、

酸化してシミやたるみの原因に繋がるのです。

 

 

 

また、人工甘味料やスナック菓子などで

過剰に糖分を摂取することも、

老化を促進する悪玉物質を作る原因です。

 

 

 

人間にはもともと、

尿酸、アスコルビン酸、メラトニンといった、

活性酸素を抑制する抗酸化物質が存在します。

 

 

 

しかし、20代をピークとして

加齢とともに低下してしまうのです。

 

 

 

そこで大切なことは普段の食事で

抗酸化物質をもつ食べ物を摂取し

細胞から若返ることです。

 

 

 

 

 

 

アンチエイジング効果のある食べ物とは?

 

それではアンチエイジングに

効果的な食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

 

抗酸化作用がある栄養素として、

ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール、

ミネラル類、カロテノイドなどがあります。

 

 

 

ビタミンCやビタミンEは、

緑黄色野菜やフルーツ、ナッツや

植物油などに含まれています。

 

 

 

ビタミンCやEはお肌のターンオーバーを活性化させたり、

ホルモンバランスを整える作用があります。

 

 

 

ポリフェノールは、

プルーン、赤ワイン、カカオ、お茶などに含まれており、

免疫力を高め、強い抗酸化作用を持ちます。

 

 

 

海藻類は沢山の食物繊維が含まれているので

腸の働きを良くし、美肌を保つ効果もあります。

 

 

 

美容効果で話題のカロテノイドは

赤ピーマンやスイカ、ブロッコリー

などに含まれています。

 

 

 

赤いパプリカには

カロテノイドのなかでも特に抗酸化力が強い

キサントフィルという

成分が豊富に含まれています。

 

 

 

その他、大豆や豆腐などに含まれるイソフラボンも

ホルモンの動きを活性させ、

アンチエイジングには大切成分です。

 

 

 

 

 

 

アンチエイジングは食べ物でできる?アンチエイジング効果のある食べ物とは?まとめ

 

アンチエイジング効果のある食べ物は、

野菜やフルーツやナッツなど、

私たちの身近に存在することが分かりました。

 

 

 

毎日の食事の積み重ねで

アンチエイジングができるのは

続け易く有り難いです。

 

 

 

積極的に取り入れて体の中から

若々しく美しい自分になりましょう!

 

 

 

過剰な糖分の摂取や、喫煙、ストレスなども活性酸素を増やしてしまうので気をつけましょう。
 
 
 
最新情報をチェックしよう!