美容鍼がほうれい線・たるみに効果抜群!話題の肌年齢改善ポイントとは?

 

ほうれい線やたるみが目立っていると、

老けた印象を与えてしまいます。

 

 

 

肌は年とともに老化していくため、

多少ほうれい線や

たるみが出てしまうのは仕方ありません。

 

 

 

しかし、それが濃いか薄いかは個人差があります。

 

 

 

もし目立っているなら、

今より目立たなくすることは可能です。

 

 

 

話題の美容鍼も、

たるみやほうれい線に

良い効果をもたらすといわれています。

 

 

 

それは本当でしょうか?

 

 

美容鍼がほうれい線・たるみに効果抜群!

 

美容鍼がたるみやほうれい線に

効果が期待できるとは、本当です。

 

 

 

ほうれい線の周りに鍼を直接打つことで、

真皮層にごくわずかな刺激と傷を与えます。

 

 

 

この傷が修復・再生するプロセスで、

真皮層細胞のコラーゲンやエラスチンが

活発になって作られます。

 

 

 

そして肌の新陳代謝が促進され、

たるみやほうれい線の改善に繋がるというわけです。

 

 

 

肌の新陳代謝は「ターンオーバー」と呼びますが、

これによって肌組織が回復するんですね。

 

 

 

老化した肌にツヤを与え、

たるみやシワも改善してリフトアップ、

ツヤアップになるでしょう。

 

 

 

エステのトリートメントでも肌は美しくなりますが、

美容鍼ではエステの施術では届かない

真皮層に直接アプローチできるのが有利です。

 

 

 

メスを入れる美容法より負担が少なく、

自然な美容法で効果です。

 

 

 

ポイントは…?
美容鍼が直接真皮層にアプローチしてエラスチンやコラーゲンを生成!
結果的にたるみやほうれい線が改善する。

 

 

話題の肌年齢改善ポイントとは?

 

実際の年齢と肌年齢が一致するとは限りません。

 

 

 

最近よく耳にする肌年齢とは、

肌の状態が自分の年齢に対して相応なのか、

下回っているか上回っているの基準になります。

 

 

 

当然、肌年齢が若いほうがいいですね。

 

 

 

正しいスキンケアができていて、

今後もそのやり方を続けていいという目安にもなります。

 

 

 

しかし、実年齢より肌年齢が上だった場合、

洗顔方法やスキンケア、

ご使用中のコスメに

何かしら悪い条件があるのかもしれません…。

 

 

 

肌年齢は、もとの肌質だけではなく、

肌をいかにケアしているかも大きく影響するからです。

 

 

 

肌年齢を若くするには、

下記のポイントを意識してみましょう。

 

 

 

保湿ケアをこまめにする

肌が乾燥すると敏感になりやすく、黒ずんで表情が暗く見えます。

 

 

 

美顔器を使う

フェイスラインがくっきりし、たるみやシワ改善に繋がる

 

 

 

生活習慣を正す

毎日たっぷり睡眠をとり、栄養バランスの整った食事をとる

 

 

 

紫外線対策

日焼け止めや帽子、日傘を使って紫外線をカットする。紫外線は肌の老化の原因になります。海や山も日焼けしやすい。

 

 

 

ポイントは…?
肌年齢を下げるコツは4つ!保湿、紫外線ケア、美顔器、生活習慣の見直しです。

 

 

美容鍼がほうれい線・たるみに効果抜群!話題の肌年齢改善ポイントとは?まとめ

 

たるみやほうれい線が気になるなら

美顔鍼がおすすめです。

 

 

 

肌年齢改善にはこまめな保湿や紫外線対策、

健康的な生活習慣や美顔器がおすすめです。

 

 

最新情報をチェックしよう!