声にもアンチエイジングってある?声をアンチエイジングする方法は?

 

昔と比べて自分の声が低くなった

感じたことはありませんか?

 

 

 

アニメや映画の世界でも若い女性の声は高く

おばあさんの声は低く

表現されるイメージがあります。

 

 

 

声は年齢や印象を判断する時に

とても重要なポイントになります。

 

 

 

いつまでも若々しくいたい私達にとって

声のエイジングケアができるとしたら

是非取り入れたいですよね。

 

 

 

今回は声のアンチエイジングと

方法について解説していきたいと思います。

 

 

 

声にもアンチエイジングってある?

 

声はその人自身を魅力的にみせる

1つのポイントですよね。

 

 

 

朝起きたときに声がかすれていたり、

昔より高い音がカラオケで出にくくなった…。

 

 

 

それは、声が老けてきているサインかもしれません。

 

 

 

加齢に伴い「声」が老化するのは一般的なこと。

 

 

 

しかし、同じように年を重ねても

若々しい人とそうでない人がいるのも確かです。

 

 

 

ハリがあり若々しい声を保つ方法はあるのでしょうか?

 

 

 

加齢とともに声が低くなったり、

かすれてしまうのは声帯の老化が原因です。

 

 

 

声帯の老化とは、声帯の筋肉が凝り固まり

伸び縮みしなくなることです。

 

 

 

伸縮性を失った筋肉はヨレヨレになり、

筋肉が上手く動かなくなり、

声の幅が狭くなってしまいます。

 

 

 

つまり声帯の筋肉のしなやかさを保ってあげることが、

若々しい印象の声でいるために必要なのです。

 

 

 

 
ここがポイント!
 
加齢ともに声も老化します。
いつまでもハリがあり若々しい声でいるために
声帯の筋肉のしなやかさを保つことが重要です

 

 

 

声をアンチエイジングする方法は?

 

加齢に伴い体内のヒアルロン酸など

保水作用成分が身体から減少すると、

通常粘膜で覆われている部分も乾きやすくなり、

老化の原因になります。

 

 

 

声帯などの粘膜もこれに妥当し、

乾きやすく老化が進みやすくなります。

 

 

 

20歳ころの筋肉量と70歳あたりの筋肉量を比較すると、

男女ともに30%程度低下がみられます。

 

 

 

つまり10年で約6%筋肉量が低下しているということです。

 

 

 

声帯の筋肉においても同じで、

意識的に鍛えることをしないと、

加齢とともにどんどん衰えてしまうのです。

 

 

 

女性の場合は、

ここにホルモンバランスの変化という

要因が加わってくるため、

声帯に脂肪が付きやすくなります。

 

 

 

また、飲酒や喫煙も声帯を摩耗する原因になります。

そして意外なのが肺機能です。

 

 

 

肺機能が衰えるとハリのある声が出しにくくなり、

言葉に強弱がつけにくくなるのです。

 

 

 

声のアンチエイジングこカギは

 

 

  • 「乾燥予防」
  • 「肺機能の向上」
  • 「声帯の筋肉を鍛え柔軟性を保つ」

 

 

という3点がポイントです。

 

 

 

乾燥予防には、こまめな水分補給の他、

保湿成分のある食品をとりましょう。

 

 

 

また、肺機能の強化向上は、

日々の生活の中での適度な運動習慣が助けになります。

 

 

 

声帯のトレーニングは

まず声帯周りの筋肉を適度に緩めるため、

ストレッチがおすすめです。

 
 
 
声のアンチエイジングには「乾燥予防」「肺機能の向上」「声帯の筋肉を鍛え柔軟性を保つ」という3点がポイントです。

 

 

 

声にもアンチエイジングってある?声をアンチエイジングする方法は?まとめ

 

加齢とともにお肌や体に

いろいろな変化が起きてくるように、

声にも老化の現象がおこります。

 

 

 

声のアンチエイジングは日頃からの

ケアやトレーニングが重要になります。

 

 

 

老化して若さのある声に戻れなくなってしまう前に、

早くから原因をひとつでも

とりのぞく生活を心がけましょう!

 

 

 

積極的に人とコミュニケーションをとることで声帯をよく使い、また、楽しい会話でストレスからくる声の老化も防ぎたいですね。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!